HOME > 手術後のケア

手術後のケア

手術後のケア&疲労回復
治療によって手に入れた「健康」を
維持してくれるのが、一番の願いです。

手術後のケア

当院では、手術後もできるだけ犬・猫達にストレスを与えないように心がけております。

入院期間の短縮 入院期間の短縮

術後は、状況にもよりますが、当院に入院をして頂くことになると思います。
しかし、犬や猫たちにとって一番良い治療法は、早く家に帰ってリラックスしてもらう事です。
そのために、入院期間の短縮を意識した手術を行います。

  • 少しでも体の負担を減らすために、手術時間を短くする
  • 手術の際にできる傷口を、少しでも小さくする

退院した後も、安心して通院して頂けるように、万全の態勢でサポートさせていただきます。
何か不安な点などあれば、気軽にご相談ください。

リハビリテーション

病気で犬や猫たちに運動機能障害が残っても、動物は人と異なり、リハビリの意味自体が理解できません。
そこで、リハビリテーションには人間のサポートが不可欠になります。
当院では、術後や回復期にリハビリテーションを行い、運動機能改善を図っています。

リハビリテーションの流れ
経過の確認
↓
体重・体温測定
↓
神経学的検査
↓
臭のう腺絞り
↓
ジェットバス

15分のジェットの泡が出るお風呂の入浴で、血行を促進させ、負担をかけることなく適度に筋肉や神経を刺激します。

↓
電気刺激

治療時間は約5分。体内に電気を流し、筋肉や神経を刺激します。

↓
ドライニング
↓
耳掃除・足裏毛刈り・爪切り
↓
レーザー治療

5分ほどレーザーをあて、筋肉や神経を刺激し、慢性痛を和らげます。

↓
温熱治療

治療時間は約10分。患部の痛みを和らげます。

術後ケアに使用する機器の紹介

最近では、動物のリハビリテーションも機械で行う時代になっており、その需要も高まってきました
効率よく、確実に成果を出すため、当院でも様々な機器を使用しております。

酸素カプセル 酸素カプセル

最適な温度や湿度を保ち、高濃度高圧の酸素治療を行えます。

ジェットバス ジェットバス

当院には2台完備。
ジェットバスを用いて、約15分間入浴してもらいます。
皮膚病、関節炎、腰痛、骨折や椎間板ヘルニアなどのリハビリに効果があります。

機器の使用や、リハビリテーションは人気があり、予約が必要です。
ご希望の方は、早めにご予約ください。