中山獣医科病院ブログ

2017年10月31日 火曜日

獣医脳神経脊椎外科研究会セミナーが開催されました

当院の院長、田中宏先生が講師を務めました。
中山正成会長は、アドバイザーとして技術を教えました。
滋賀県草津市にある医療研修施設 「ニプロiMEP(アイメップ)」は素晴らしい建物で設備も充実しています。
二日間、参加者は熱心に勉強しました。




投稿者 中山獣医科病院 | 記事URL

2017年10月30日 月曜日

ハロウィン企画、仮装大会!

去年に引き続き、今年も仮装大会を開催しました。
かわいいワンちゃんネコちゃんの写真が、こんなにも沢山集まりました(^o^)♪

みなさん、ご参加していただきありがとうございました。
  
  

投稿者 中山獣医科病院 | 記事URL

2017年10月17日 火曜日

猫の寄生虫対策を啓発します

奈良県獣医師会と製薬会社のメリアル・ジャパンは、「家猫であっても寄生虫のリスクがあること」を、
猫オーナーの皆様に知っていただくために啓発活動を始めました。
今朝は、新聞折り込みチラシを奈良県内20万部配布されました。
さらに、病院内のポスター、新聞広告、ローカル誌広告、タイアップ啓発サイト、デジタル広告などの活動を行います。
猫オーナーの皆様には、この機会に猫の寄生虫対策を動物病院の先生と相談してください。
猫に寄生する虫は、ノミ、マダニ、疥癬、シラミ、フィラリア、お腹の虫など様々な種類があります。家の中だけで外に出ないから大丈夫とは言えません。





投稿者 中山獣医科病院 | 記事URL

2017年10月13日 金曜日

マダニ媒介ウイルス ペットの犬から人に感染 -国内で初-

マダニが媒介するウイルスによる感染症が相次ぐ中、ことし6月、徳島県の40代の男性がペットの犬からウイルスに感染していたことがわかりました。
マダニが媒介するウイルスがペットの犬から人に感染したことが確認されたのは国内で初めてです。
厚生労働省によりますと、ことし6月上旬、徳島県に住む40代の男性がペットの犬の体調が悪くなったため動物病院を受診したところ、
マダニが媒介するウイルスによる感染症、SFTS=「重症熱性血小板減少症候群」を発症していたことがわかりました。
さらに飼い主の男性も6月中旬に体調不良となり、その後の検査でマダニが媒介するウイルスに感染していたことがわかりました。
男性にはマダニにかまれた痕跡はなく、厚生労働省は、男性はペットの犬からウイルスに感染したと断定しました。
厚生労働省によりますと、SFTSは4年前に国内で初めて確認され、これまでに303人が発症し、このうち59人が死亡していますが、
ウイルスがペットの犬から人に感染したことが確認されたのは国内で初めてだということです。
男性とペットの犬は現在ともに回復しているということです。厚生労働省は体調不良のペットとの過剰なふれあいを控え、
ペットの体調が悪い場合は直ちに動物病院を受診するよう呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/kikenseibutsu/?utm_int=detail_contents_news-link_001



当院では、ペットにダニ除けの薬を与えることを強くお勧めしています。

投稿者 中山獣医科病院 | 記事URL

2017年10月 9日 月曜日

獣医学術近畿地区学会に参加しました

大阪府立大学で毎年行われるこの学会は、産業動物獣医学会、小動物獣医学会、公衆衛生学会の三学会合同で開催されます。
当院の田中宏院長は、小動物獣医学会の審査委員長を務めました。審査委員は各府県から一名の代表から構成され、44題の発表の中から、
二題の優秀発表を選びます。

 





投稿者 中山獣医科病院 | 記事URL