中山獣医科病院ブログ

2017年1月30日 月曜日

奈良公園の鹿の糞(フン)は誰が掃除してるの?

それは、コガネムシです。フン虫、フンころがしと言われる食糞性コガネムシです。
食糞性コガネムシの中で世界的に有名なのは、エジプトのスカラベ(甲虫、黄金虫)。獣の糞を球状にして転がし地中に埋め、食し、産卵する。
古代エジプト人が太陽神の象徴として神聖視した。再生、復活、創造のシンボルとした。金や宝石でスカラベを模して身に着ける装飾品や置物を作った。

日本には、約150種類の食糞性コガネムシが生息する。スカラベは分布しない。
奈良公園には、約50種類の食糞性コガネムシが生息する。大きさは、数ミリから2センチ位。このことは非常に多種類でめずらしいこと。
食糞性コガネムシが地面に穴を掘って糞を穴に引き込み産卵するため、芝の生えている地面の通気性が保たれて芝の生育に都合が良い。
また、肥料を撒かなくても土が肥える。ハエの蛆(ウジ)も食べてしまうので、公園にはほとんどハエはいない。気付いましたか?

奈良公園の鹿の糞は、1年間400トンを超す(1200頭として)。
1頭、1日あたり700~1000gの糞を排泄する。私(会長)の友人の谷幸三氏が調査した。


  

投稿者 中山獣医科病院 | 記事URL

2017年1月28日 土曜日

当院会長は動物医療発明研究会の副会長をしています

動物医療発明研究会のニュースレター(SAMI NEWS No.45)に昨年7月に奈良公園で開催した
「第42回獣医神経病学会」の記事を掲載していただきました。
学会の大会長を無事勤めることが出来て思い出深いものがあります。





投稿者 中山獣医科病院 | 記事URL

2017年1月25日 水曜日

ペットは子供の一番の親友であることが最新の研究で明らかに

今まで子供とペットとの関係の重要性に関する研究はほとんどありませんでしたが、
ケンブリッジ大学の研究によりペットが子供の発達に大きく影響し、子供の社会的能力と精神的安定に良い影響を与えうることが明らかになりました。 

この研究では種類に関わらず1頭以上のペットと2人以上の子供が家にいる77家族の12歳の子供を調査し、
子供たちは兄弟・姉妹よりもペットと強い関係があり、
特に犬を飼っていると他の種類のペットの場合よりも、より大きな満足感を得ていると報告しています。

この研究に携わった研究者は、
「ペットは言葉を完全に理解したり返事することはできませんが、
ペットが理解や返事をしないのは、完全に中立的な立場だという意味でプラスになっています。」
「ペットが人の健康と地域の結束にとって有益に働くという証拠は増しています。
青少年がペットから受ける社会的なサポートは、その後の人生の精神的な健康をも支えるでしょうが、
子供の発達における長期にわたるペットの影響については研究の余地があります。」
と述べています。

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201701248139/

投稿者 中山獣医科病院 | 記事URL

2017年1月 8日 日曜日

帝王切開で生まれた仔犬がすくすく育っています

                           

昨年11月13日、当院で帝王切開して生まれた3兄弟です。もうすぐ2ヶ月になります。
アム、ミック、ロンです。
今日は、足の裏、目の周り、お尻の毛刈り、爪切りに来院しました。






投稿者 中山獣医科病院 | 記事URL

2017年1月 8日 日曜日

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年も、皆様のペットの健康を守るようスタッフ一同、精一杯努めます。

動物(人も)をなでたり、抱いたり、見つめたりしていると、お互いにオキシトシンというホルモンが出て
絆が強くなったり、気持ちが幸せになったり、癒されたりするそうです。
オキシトシンが出ると、脳の分泌(ストレスの緩和)、セロトニン(精神を穏やかにする)、
ドーパミン(やる気、元気)も刺激されるそうです。動物病院が元気の発信源になれると、
世の中も活気が出ると思います。






(イラスト:横浜、清水弘子獣医師)

投稿者 中山獣医科病院 | 記事URL