院長コラム

2019年2月18日 月曜日

新横浜で開催された日本獣医師会学術年次大会に出席しました

毎年この時期に開催される日本最大の獣医学会です。
私会長と田中宏院長と参加しました。

この日、私たちの恩師、北里大学の名誉教授の高瀬勝晤先生が、日本獣医師会学術賞・獣医師会学術功労賞を受賞されました。
受賞の題名は「獣医臨床における沈静・鎮痛及び吸入麻酔に関する研究と普及」です。
先生は、獣医学の中でも謎の多いこの分野の開拓者です。

学会の後、受賞祝賀会が開催されました。私会長は、代表して祝辞を述べました。
私たち二人は、高瀬先生から獣医学博士号をいただいておりますので大変嬉しく思います。
実はこの賞は、2014年に私会長がお先に受賞していました。
恩師より先に受賞したのは恐縮ですが、盛大な祝賀会でした。
改めて、高瀬勝晤先生おめでとうございました。

写真
1、学会抄録


2、藏内勇夫会長から賞状授与


3、授与式


4、祝賀会・高瀬勝晤先生ご挨拶


5、祝賀会・中山正成お祝いのスピーチ


6、田中宏院長と織順一先生


7、渋谷寛弁護士と(右端)



投稿者 中山獣医科病院