中山獣医科病院ブログ

2017年10月13日 金曜日

マダニ媒介ウイルス ペットの犬から人に感染 -国内で初-

マダニが媒介するウイルスによる感染症が相次ぐ中、ことし6月、徳島県の40代の男性がペットの犬からウイルスに感染していたことがわかりました。
マダニが媒介するウイルスがペットの犬から人に感染したことが確認されたのは国内で初めてです。
厚生労働省によりますと、ことし6月上旬、徳島県に住む40代の男性がペットの犬の体調が悪くなったため動物病院を受診したところ、
マダニが媒介するウイルスによる感染症、SFTS=「重症熱性血小板減少症候群」を発症していたことがわかりました。
さらに飼い主の男性も6月中旬に体調不良となり、その後の検査でマダニが媒介するウイルスに感染していたことがわかりました。
男性にはマダニにかまれた痕跡はなく、厚生労働省は、男性はペットの犬からウイルスに感染したと断定しました。
厚生労働省によりますと、SFTSは4年前に国内で初めて確認され、これまでに303人が発症し、このうち59人が死亡していますが、
ウイルスがペットの犬から人に感染したことが確認されたのは国内で初めてだということです。
男性とペットの犬は現在ともに回復しているということです。厚生労働省は体調不良のペットとの過剰なふれあいを控え、
ペットの体調が悪い場合は直ちに動物病院を受診するよう呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/kikenseibutsu/?utm_int=detail_contents_news-link_001



当院では、ペットにダニ除けの薬を与えることを強くお勧めしています。


投稿者 中山獣医科病院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30