中山獣医科病院ブログ

2017年1月25日 水曜日

ペットは子供の一番の親友であることが最新の研究で明らかに

今まで子供とペットとの関係の重要性に関する研究はほとんどありませんでしたが、
ケンブリッジ大学の研究によりペットが子供の発達に大きく影響し、子供の社会的能力と精神的安定に良い影響を与えうることが明らかになりました。 

この研究では種類に関わらず1頭以上のペットと2人以上の子供が家にいる77家族の12歳の子供を調査し、
子供たちは兄弟・姉妹よりもペットと強い関係があり、
特に犬を飼っていると他の種類のペットの場合よりも、より大きな満足感を得ていると報告しています。

この研究に携わった研究者は、
「ペットは言葉を完全に理解したり返事することはできませんが、
ペットが理解や返事をしないのは、完全に中立的な立場だという意味でプラスになっています。」
「ペットが人の健康と地域の結束にとって有益に働くという証拠は増しています。
青少年がペットから受ける社会的なサポートは、その後の人生の精神的な健康をも支えるでしょうが、
子供の発達における長期にわたるペットの影響については研究の余地があります。」
と述べています。

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201701248139/

投稿者 中山獣医科病院