中山獣医科病院ブログ

2016年7月25日 月曜日

第42回 獣医神経病学会2016を奈良公園で開催しました





当院の会長が大会長を務め、奈良公園にある、「奈良春日野国際フオーラム・甍・IRAKA」で7月16-17日獣医神経病学会を開催しました。
会場は、立派な建物で能楽堂があります。
能楽堂で、教育講演・「神経生理学の基礎と歩行運動の神経制御」・「脊椎脊髄外科の現状と展望:動物医療とヒト医療の融合」
特別講演・「江戸時代の東大寺再建物語」・「神経疾患患者を診る~救急医としてするべきこと~」
そして、10題の一般公演が行われました。別会場では基礎講習が4題ありました。
東大寺のお話は平岡昇修住職にしていただき、その後、東大寺特別拝観を案内していただきました。
立ち入りが禁止されている場所を案内していただき、詳しい説明がありました。暑い中、参加者は感激していました。
夜の懇親会は、フオーラムの庭園で開催しました。美しい芝生の上でそよ風の中会食しました。
庭園で懇親会を開催するのは滅多にありませんので、参加者はよく食べ、よく飲み、よくはなしました。
2日目の朝、奈良市の風物詩である「鹿寄せ」に参加しました。飛び火野の中の大きな樟の下で、鹿の愛護会の方が、ホルンを吹きますと
鹿の群れが走ってきます。あっという間に100頭くらい集まったでしょうか、どんぐりを貰っていました。
このとき、NHKが大きなビデオカメラで撮影していて、夜放映されたようです。
参加者は、学会始まって以来最高の189名でした。
この度の学会では、最先端の学術発表と共に、東大寺の秘話、「鹿寄せ」など奈良の魅力を堪能していただきました。
学会後、多くの参加者から「良かったよ」とメールなど頂きました。
大会長として開催しましたので、田中院長はじめ病院スタッフが全員協力しました。そのため休診しました事、患者様には心よりお詫び申し上げます。

投稿者 中山獣医科病院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31