中山獣医科病院ブログ

2015年10月30日 金曜日

猛毒キノコ「カエンタケ」 奈良で大量発生

 
産経新聞 提供 今年8月、生駒山山麓で見つかったカエンタケ
(奈良きのこの会提供)

秋は毒キノコによる食中毒被害がでるシーズンです。最近、奈良では、少しの量でも口にすれば生命にかかわる猛毒キノコ「カエンタケ」が大量発生しているのが確認されています。

カエンタケの被害
カエンタケ(写真)はニクザキン科のキノコで、長さは3〜15cmぐらい。折れて染み出た汁が皮膚に付着すれば皮膚炎を起こし、口にしてしまった場合、すぐに悪寒や嘔吐(おうと)、手足のしびれなどを発症します。数日後には消化器障害や神経障害を引き起こし、死に至ることもあると言われています。

近年になって、このカエンタケが、奈良県内で大量発生しているのが確認されています。昨年秋には、生駒山山麓(同県生駒市)で100本以上、奈良市の若草山の頂上付近でも1本が確認されました。
生駒山山麓では、今年7月にもカエンタケの発生が確認され、9月には、春日山原始林(奈良市)の遊歩道付近でも、約30本が発生しているのが発見されました。
幸いこれまでカエンタケによる人や動物の被害は確認されていないということですが、散歩中に動物が踏むなどした場合やそれをなめた場合は中毒を起こす危険があるのでくれぐれも注意してください。
                                                                                                                    
                                                                                                                                               「MNSニュース2015.10.30」



投稿者 中山獣医科病院