中山獣医科病院ブログ

2015年8月29日 土曜日

脊髄・脊椎疾患の診断と治療について講義してきました

23日の日曜日の午後、脊髄疾患について開業者向けに講演してきました。
千里桃山台動物病院の院長をしていた嶋崎等先生が
東大阪で「近畿動物医療研修センター」を開業しました。
CT,MRIを中心とした二次診療、教育病院という位置付けで
日本でも珍しい施設です。
こけら落としの第1回記念講演を頼まれました。
50名の椅子が満席になり立ち見ができ多くの質問が来ました。
講義内容は、以下のように通常の講義では聞けない私のこだわりの内容を話しました。


脊髄疾患についての曖昧な知識を考えてみよう
本日の講演内容                       中山正成

•      深部痛覚の有無と脊髄反射
•      歩行異常は脊髄疾患?
•      整形外科疾患と脊髄疾患
•      内科的疾患を見逃していませんか?
•      探査的X線撮影、脊髄造影検査は不要?
•      診断にCT,MRIは必要か?
•      ステロイドは効果がある?
•      保存療法でいける?
•      ハンセンⅢ型って・・あるの?
•      頸部脊椎疾患の手術はベントラルスロット?
•      椎弓切除はロンジュールだけで行う?
•      鍼灸、理学療法、リハビリテーションで治る?
•      再生医療は期待できるか?



        


投稿者 中山獣医科病院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30