院長コラム

2015年3月25日 水曜日

「犬と猫の神経病学」が出版されました

院長と副院長の田中宏が分担執筆しました。
日本国内のスペシャリスト37名が監修・執筆しています。
日本初の日本人のための獣医神経病学の専門誌で、
今回は各論編で647ページの大著です。
犬と猫の代表的神経疾患を豊富な図版とともに詳しく解説した獣医神経病領域のバイブルとなる待望の一冊です。
私たちは長年この分野で研究してきたが、その成果が成書になって大変嬉しく思います。

出版社は、緑書房で、創業55周年記念出版として位置ずけされています。




http://www.pet-honpo.com/books/veterinary/post-137/









投稿者 中山獣医科病院